貰ったお花について

貰ったお花をどうすればいい?綺麗な飾り方や保存方法をご紹介します。

貰ったお花

お祝いごとでプレゼントにお花をもらうことはありませんか?せっかく貰ったそのお花、長持ちさせたいと思いますよね。
そもそもお花の寿命はどのくらいなのでしょうか?一般的なお花の寿命についてお話します。
花屋さんで購入してから、冬場なら1~2日程度、それ以外なら1日置くと元気がなくなってしまいます。また、冬場でも室温が高いと早くしおれてしまいます。目安は、温度が5度~10度くらいがお花にはベストです。

また、早く枯れてしまう原因についてお話します。花の種類によっても原因は異なりますが、大きく別けますと水揚げがしっかりされていなかった場合と、水替えをしなかったことによるバクテリアの発生により「導管」が詰まってしまうことが考えられます。どちらも水を吸い上げることが出来なくなり早く枯れてしまいます。
では、どのような方法で長持ちさせられるのでしょうか?
保存方法で上げられる手法に、お店に頼むアレジメントやブリザードフラワー、少しお金をかけてラミネート加工やレジンで固める、ハーバリウム等があります。こちらはお金をかけることで、より綺麗に長く保存することができます。

今回はもっと手頃な方法をご紹介します。

花瓶の水をいつも取り替える

花瓶の水をいつも取り替える

水の取り替えは、根気強く毎日行うことでお花も清潔に保たれ長持ちします。この時に花瓶と茎の根元のヌメリなどを洗っておきましょう。
また、エアコンの有る場所にはなるべく置かないようにしてください。
更にひと手間!
葉が多いとお花に栄養が行き届かなくなるので、余分な葉は取り除きましょう。

花瓶の水に糖分を混ぜたり、10円玉を入れる

花瓶の水に糖分を混ぜたり、10円玉を入れる

花瓶の水に砂糖を少量加えると、お花が長持ちします。これは、当分が光合成を助ける成分で、水に溶いて与えることで花の栄養補給になるためです。ただし、入れすぎると細菌も繁殖しやすくなってしまうので注意してください。
また、殺菌効果として10円玉を入れる方法もあります。これは銅イオンの殺菌効果を利用して花瓶の水をきれいに保つといわれています。花瓶のサイズによって必要な枚数も変わってきますので、様子を見ながら枚数の調節をおこなってください。

ドライフラワー

少し手を加えてドライフラワーや押し花にする

ドライフラワー
お花のお世話が苦手で枯れてしまうのが心配の方は、もらってすぐにドライフラワーにするのもオススメです。
まずは揃えた茎部分を輪ゴムなどでまとめて、風通しがよく、湿気の少ない日陰に吊るします。2~3週間で簡単にドライフラワーをつくることができます。
ドライフラワーにオススメの花はバラ、ラベンダー、ミモザ、千日紅、紫陽花になります。

押し花

押し花
綺麗な姿をそのまま残したい方には昔ながらの手法として押し花もオススメです。
まずは綺麗で新鮮なお花を選びましょう。茎は根元に近いところを切ります。新聞紙の上にティッシュを置き、仕上げりをイメージしてお花をセットしてから重石を乗せましょう。重石を乗せた翌日、新聞紙を取り替えると効果的です。乾燥しきっていないこともあるのでティッシュは開けないように、その上からティッシュを重ね更に新聞紙を置き重石を置きます。この工程を繰り返して乾燥しきれば完成です。
挟む量や花びらによって乾燥にかかる時間も異なりますので、花の様子をみて調節してください。出来上がった押し花はピンセットで紙から優しく剥がして密封できる袋に入れ、日の当たらない場所で保管しましょう。押し花は湿気に弱いので、保管袋の中に乾燥剤を入れておくと保存状態がよくなります。